マムシグサ

草、木

マムシグサ(蝮草) 春~初夏の林の木陰で、直立した茎から葉の鞘に仏炎包(水芭蕉などにもあるもの)に包まれたかれ […]

クチナシ

木の実 草、木

クチナシはあかね科の常緑樹で、樹高は約2〜3メートル。初夏に白い花を咲かせて、秋に赤茶色の実がなります。 熟し […]

ナナカマド

草、木

ナナカマド(七竈) 北海道から九州までの深い山に分布するバラ科の落葉樹で、秋の紅葉や赤い実が美しく、北国では街 […]

ヘクソカズラ

ヘクソカズラ(屁糞葛) アカネ科ヘクソカズラ属の蔓(つる)性多年草で、至る所に多い草です。 葉や茎に悪臭がある […]

フヨウ

フヨウ(木葵蓉) 中国の中部を原産とするハイビスカスの仲間で日本にも自生しています。室町時代に観賞されていた記 […]

エンマコオロギ

エンマコオロギ 秋の虫というと思いうかぶのがやはりコオロギ。 そして、その中でもいちばん多くいるのがこのエンマ […]

コタニワタリ

草、木

コタニワタリ(小谷渡り) コタニワタリは北海道から九州、北半球の温帯に広く分布する常緑のシダ植物。落葉樹林中や […]

ネジバナ

草、木

沢の岩壁を4メートル程登った苔の上に、ピンク色のネジバナの花が咲いていました。 ネーミングの由来は、ねじれるよ […]

ページの先頭へ